剣道審査

受審資格

表1.受審資格

段位 資格
初段 一級受有者で年齢満13歳の者(年齢基準は審査当日)
二段 初段受有後1年以上修業した者
(審査日の月内に資格を満たしていれば受審可)
三段 二段受有後2年以上修業した者
(審査日の月内に資格を満たしていれば受審可)
四段 三段受有後3年以上修業した者
(審査日の月内に資格を満たしていれば受審可)
五段 四段受有後4年以上修業した者
(審査日の月内に資格を満たしていれば受審可)
  • 18歳以上の一般人(大学生・専門学生含)は必ず岩手県内の剣道協会に所属していること

審査当日の内容

1)受付

審査費用(審査料と講習料)を受付に納入すること。お釣りのないようお願いします。

表2.審査費用

段位 審査料 講習料 合計
初段 3,000円 1,000円 4,000円
二段 3,000円 1,000円 4,000円
三段 4,000円 1,000円 5,000円
四段 5,000円 1,000円 6,000円
五段 6,000円 1,000円 7,000円

2)学科審査

表3.問題

審査段位 問題
初段 下記2問のうちいずれか1問を出題する

  1. 三つの間合いを説明
  2. 気剣体の一致を説明
二段・三段 下記3問のうちいずれか1問を出題する

  1. 残心の説明
  2. 剣道試合・審判規則での禁止行為を説明
  3. 掛かり稽古の目的を説明
四段・五段 下記3問のうちいずれか1問を出題する

  1. 指導者として心構えを説明
  2. 四戒を説明
  3. 剣道形修錬の必要性を説明

【注意】

  • 当日の参考資料の持ち込みは不可とする。

3)実技審査

1人2回の実技審査を行う。

4)剣道形審査

表4.形審査内容

段位 内容
初段 太刀の形3本
二段 太刀の形5本
三段 太刀の形7本
四段 太刀の形7本と小太刀の形3本
五段 太刀の形7本と小太刀の形3本

5)合格発表

審査終了後、受審番号により発表する。合格者は指定場所にて合格者納付金(登録料と協力金)を納入すること。お釣りのないようお願いします。

表5.合格者納付金

段位 登録料 協力金 合計
初段 11,000円 3,000円 14,000円
二段 15,000円 3,000円 18,000円
三段 18,000円 3,000円 21,000円
四段 24,000円 4,000円 28,000円
五段 30,000円 4,000円 34,000円

6)その他

当日持参するもの

    • 剣道用具一式
    • 竹刀
    • 木刀
    • 筆記用具
    • 審査費用、合格者納付金
    • 昼食

冬季に実施される審査の場合は、防寒具を用意し寒くないよう注意してください。

日本剣道形の再審

前回の審査で実技審査に合格したが日本剣道形で不合格となった者の日本剣道形の再審を認める。

再審の者は、当日受付で審査申込用紙に記入し、再審受審料を支払い再審査を受けること。