CIMG6863

稽古日誌「12月22日(日)」級審査

本日開催された、紫波地区防犯少年剣道大会にて、当団から出場した選手が優勝しました。団体個人ともに上位成績を収め団体戦小学生低学年の部、団体戦小学生高学年の部で優勝しております。

今日は、定期級審査を行いましたが、みんなにもお披露目しました。

さて、当団での級審査ですが、それぞれの級でテーマが決まっており、認められれば合格、合格するとなにか許可がもらえます。上達の度合いがわかりやすく、用具も上達の度合いで段階的に用意します。一度に全て準備しなければならないという心配もありません。子供達も1つ1つの目標をクリアする事を楽しみにしています。

  • 8級:礼法:礼法が身に付いていることを認める
  • 7級:足さばき:足さばきができていることを認め、剣道着・袴の着用を許可する
  • 6級:空間打突:空間打突ができることを認め、木刀の使用を許可する
  • 5級:基本動作:早素振りまでの基本の動作ができることを認め、垂・胴・小手の着用を許可する
  • 4級:基本打突:基本技の打ち方ができることを認め、面の着用を許可する
  • 3級:基本打突:面をつけての基本打突ができることを認め、試合の出場を許可する
  • 2級:1級審査の受審を許可する

級審査の日は、午後5時より道場にあつまり、審査が始まるまでの時間、子供達は自主的に練習をします。

各自で練習する中でわからないところは先生に聞きに行こう!という自主性がみられます。

みんな一生懸命に取り組みました!

一般の部は、6名の参加。それぞれ3名は通常通り、回り稽古を楽しみ、3名は怪我等のためリハビリがてら基本の約束稽古を行いました。それぞれの目的にあわせた内容でおこなっていますので、お気軽にご参加ください。

今日も元気いっぱい稽古できました!

新入団員を募集中!!初心者の方もどうぞ!
見学、いつでもお待ちしています。
練習日はカレンダーをごらんください。